自動車保険 割引制度

自動車保険にはどのような割引制度があるのかを紹介

自動車保険を新規で契約したり、継続契約をする場合は方法によっては割引が適用されます。

 

そこで、自動車保険にはどういった割引があるのかを紹介します。

 

1つ目は「インターネット割引」です。

 

通販型自動車保険会社の多くが導入している割引制度です。

 

自動車保険の契約の際にインターネットで申し込みを行うと保険料の割引が受けられるというものです。

 

一般的な割引率は数千円から1万円ほどの割引額が多いです。

 

2つ目は「早期割引」です。

 

自動車保険を契約する際に保険適用開始日の一定期間前に契約を完了することで保険料の割引が受けられる制度です。

 

一定期間前というのは保険適用開始日から数えて30日前だったり50日前だったりと区分はさまざまあります。

 

保険適用開始日から数えて日数が長いほど、つまり契約完了を早く終わらせるほど割引額が高くなる傾向にあります。

 

割引額は数百円ほどといしている保険会社が多いです。

 

3つ目は「継続割引」です。

 

同じ保険会社の自動車保険を2年目以降も継続すると受けられる割引制度です。

 

割引額は定額にしている会社もありますし、保険料の数%の割引としている会社など色々です。

 

また、継続契約年数に応じた割引率を設定している保険会社もあります。

 

4つ目は「証券不発行割引」です。

 

保険証券を発行してもらわない代わりに保険料の割引を受けるものです。

 

割引額は数百円ほどです。

 

証券不発行割引を導入している保険会社はウェブサイト上のマイページ内で保険証券の内容を見たり、印刷もできるので紙の書類は必要がない場合には良い割引制度です。

 

5つ目は「紹介割引」です。

 

友人や知人などの紹介で自動車保険に加入すると保険料の割引が受けられるものです。

 

紹介を受けて加入する人の保険料割引額は数千円程度が多いです。

 

紹介者側はクオカードや図書カードをもらえるところもあります。

 

また、契約者によって受けられる割引制度を設けているところもあります。

 

免許証の色が保険開始時点でゴールドの場合、保険料の割引を受けられるものです。

 

割引率は保険料の数%ほどが一般的でゴールド免許の方にとっては嬉しい割引制度です。

 

また、前契約のノンフリート等級が20等級でかつ、過去1年間に等級がダウンするような事故を起こしていないこと、事故有係数適用期間が0年の場合に保険料が数%ほど割引するところもあります。

 

この他、無事故割引、新車割引、エコカー割引を導入している保険会社もあります。

 

よって、自動車保険にはさまざまな割引制度があること分かります。

 

自分の契約している保険会社やこれから契約しようと思う保険会社にどのような割引制度があるのかをチェックして、使える割引制度があれば活用することで保険料の節約にもつながります。