自動車保険 乗り換え ネット損保 安い

自動車保険の乗り換えはネット損保が安い

自動車保険を取り扱っている会社には大きく分けて二つのタイプがあることをご存知ですか。

 

いわゆる昔からある損害保険会社は、代理店型の保険会社と呼ばれ、保険代理店や銀行窓口、カーディーラーなどで保険に加入するタイプの保険会社です。

 

このような代理店型の保険会社の場合は、信頼のある会社が多い事も事実ですが、保険会社が代理店に支払う手数料が保険料に上乗せされているため、どうしても保険料が高くなってしまう事が特徴です。

 

そしてもう一つの保険会社のタイプがダイレクト型といわれる、いわゆるネット型の保険会社です。

 

ネット専門の損害保険会社もありますし、大手の代理店型の保険会社を親会社にもつネット型の保険会社も存在しています。

 

代理店を通さず直接顧客と保険契約を結ぶため、保険料が安い事が大きな特徴です。

 

生命保険とは違い、自動車保険は1年一度の更新があります。

 

更新が乗り換えのチャンスです。

 

自動車保険の更新が近い方はぜひ一度ネット型の損害保険会社に見積もりを依頼してみてください。

 

保険料のあまりの安さに驚くことでしょう。

 

ネット型の損保には、独自の割引が用意されている場合が多く、保険満期日の何日前までに申し込みと安くなりますといった早期割引が用意されている保険会社もあります。

 

自動車保険の更新時期が近づいている方は、ぜひ早めにネット型の自動車保険を見積もってみてください。

 

ネット型の保険は、担当者の顔がわからない事から不安に感じるかたも多いでしょうが、事故の時には専任の担当者がついてくれる会社もあります。

 

インターネット上で各社の事故対応の口コミをみる事ができるので、気になる方は事前にチェックしてみてください。

 

ネット型の自動車保険であってももちろんこれまでの保険契約における等級は引き継ぐことができますので、安心してください。

 

また、補償についても対人対物は無制限の場合も多く、特約も充実している会社もたくさんあるので、ぜひ一度検討してみてください。

 

毎年の保険料が安くならない事に悩んでいた方、車にはあまり乗らないから走行距離による割引を受けたい方、とにかく保険料を抑えたいという方は、代理店型の保険会社ではなく、ネット型の保険会社で自動車保険に加入することをおすすめします。

 

加入する際は、ご自身でネットから行いますので、補償の漏れがないか何度も確認するようにしましょう。

 

また、普通約款で担保できる範囲が狭くなる場合は特約をかならず付加しましょう。